受験するために必要な手続き ~スムーズに手続き、安心して受験に向かおう~

受験するために必要な手続き ~スムーズに手続き、安心して受験に向かおう~

看護学校入試必勝法大学・専門学校の受験は、まず、「資料請求」をすることに始まります。各校のホームページや進学情報サイトから、資料を申し込みましょう。

資料が届いたら、「入試要項」を読み、入試方法、入試日程を確認しましょう。入試日程の欄には、出願日・入試日が記載されていますので、出願日までに必ず願書を手に入れて、期日までに受験料の納付を済ませておきましょう。願書に受験料の納付書類(銀行振り込み等)が同封されていますので、願書に記載されている納付方法に従って、手続きを行いましょう。受験料は一般入試で、1校3万円~3万5千円程度が一般的です。

受験料の納付が済んだら、次は、願書の記入を行いましょう。こちらも、願書の書類の中に、記入方法の説明がありますので、良く読んで間違いのないように記入しましょう。

最後に、記入した書類を郵送、または学校の窓口から提出して出願手続きが完了します。

最近では、書類による出願手続きのほかに、インターネットによる出願も可能な学校が増えています。希望校から送られてくる資料を良く読んで、負担の少ない方法を選びましょう。

複数の学校を受験する場合、試験日が重なっていると片方しか受験できません。受験しなくても、一度納付した受験料は返還されませんので、出願手続きを行う前に受験校を決めておく必要があります。
後悔のない受験を行うためにも、早めの受験校決定と手続きの完了を心掛けましょう。

合格へのCheck Point!
  • 入試要項をよく確認して、出願の締切に遅れないようにしよう!
  • 願書の提出だけでなく、受験料の納付と費用の準備も忘れずに!